世界で愛されるブランド・喜ばれる竹食器の出産祝いギフト・日本製のFUNFAM(ファンファン)

FUNFAプライム

出産祝いのFUNFAM(ファンファン)へ電話でのご注文
電話番号:03-6453-9500
お問い合わせ窓口 平日9:00~18:00
竹食器の出産祝いギフトを業界最速でのお届け!急な出産祝いでも大丈夫です。
FUNFAM(ファンファン)は海外発送を始めました。
スピード名入れの場合は2日発送(平日10時まで分・土日祝除く)
お名入れありの場合は5日発送(平日10時まで分・土日祝除く)
お名入れなしの場合は当日発送(平日10時まで分・土日祝除く)
FUNFAM(ファンファン)お問い合わせ

トップページ  >  ピックアップ  >  お食い初め

お食い初め

FUNFAM TAKUZEN(卓膳) SETを使用したお食い初め

お食い初めをされた先輩赤ちゃんとお食い初め料理のお写真です。おめでとうございます。

  • FUNFAM TAKUZEN(卓膳) SETを使用したお食い初め事例写真1
  • FUNFAM TAKUZEN(卓膳) SETを使用したお食い初め事例写真2
  • FUNFAM TAKUZEN(卓膳) SETを使用したお食い初め事例写真3

お食い初めとは?

平安時代から公家を中心とした行事として始まった日本の儀式です。
生後間もなく命を落とすことが多かった時代に、神の力が宿ると信じられた米や石を膳(ぜん)に並べて子どもの口につけ、無病息災を祈った通過儀礼です。
現代は医学の進歩で乳児の死亡率が低下し、飽食、少子化と言われるように、お食い初めが始まった時代と大きく異なっています。しかし、食が命を支える源であることに変わりはありません。
無から生まれた子どもは不安定な存在。何とか、この世につなぎとめたい。
千年紀を迎えた源氏物語にも、この様子が描かれ、時代を超えて変わらぬ、親の我が子への想いが感じ取れます。

お食い初めの呼び名
「お食い初め(おくいぞめ)」以外のよび名では初めて魚を食べさせるということで「真魚(まな)始め」、初めて箸を使うので「箸揃え」「箸祝い」ともいわれます。
また、祝う時期が生後百日前後なので「百日(ももか)の祝い」や「歯がため」という呼び方の地域もあります。
お食い初めの日程
赤ちゃんは産まれて、約100日後に乳歯が生え始め、この時期に食事を取らせる(真似をさせる)と「一生、食べることに困らない」とされています。
地方によっては120日目などに祝うところもあり、これもピッタリその日に行なわなくてはいけないということではありません。

お食い初めの作法

寺院や旅館、ホテルなどで、ご親戚を招いてお食い初めをする方もいますが、ご自宅で御祝される方のほうが多いようです。
お食い初めは、病気や戦争などの外的環境により、短命な子供が多かった時代に、「どうかこの子が健康で育ちますようにと」いう想いを込め、無病息災を祈った儀式です。
長寿にあやかるという意味で、親族で一番長寿のおじいちゃん・おばあちゃんがひざに赤ちゃんを抱いて箸で食べさせる真似をします。

お食い初めの手順

鯛や伊勢海老などの食べ物を口にもっていき、食べさせる真似をします。
飯→汁→飯→魚→飯の順番に三回食べさせる真似をします。

そして、箸を歯固めの小石(氏神様の境内で人が歩かないところから拾ってくる)に触れてその箸を赤ちゃんの歯茎にあてます。これは、石のように丈夫な歯が生えるよう願ってする意味があります。

YASUYOのお食い初めのヒント

※FUFNAMのアイコンをガイドラインとしてご参考ください。

主菜
鯛の尾頭付きや伊勢海老などをご用意下さい。
お赤飯が普通ですが、季節の栗ご飯・豆ご飯、雑煮などでも結構です。
お吸い物などに、蛤など季節の食材などで工夫しましょう。
副々菜
煮物(筑前煮など)や和え物などを盛り付けてください、たけのこや里芋、豆類などを使うとよいでしょう。
副菜
御造りや、焼き物を盛り付けてください。

お食い初めが終わったら

FUNFAMのTAKUZENはお食い初めが終わってからも、長く使えます。
一汁三菜は室町時代から続く懐石料理、現在の和食の基本になっています。近年、栄養バランスが良い和食は世界中で注目されています。
YASUYO’S RECIPEを参考に、四季折々の旬の素材を使ったレシピをお楽しみください。


和食の歴史

世界が注目する健康食
室町時代から伝わる本膳料理が正式なテーブルセッティングです。
一汁三菜からなっており、野菜が中心の食習慣は栄養バランスに優れており、近年改めて、世界中でその価値が見直されています。
基本は主菜・副菜・副々菜・汁・飯の5品。日本人は元々、肉を食べず(明治時代の文明開化以降から)、魚がごちそうでした。

和食のマナー

食べられることへの感謝
最初にご飯を1口、次に汁を1口。再びご飯を1口。汁の具を1口食べた後、さらにご飯を1口食べてから、主菜を頂き、次に副菜です。この順番を続け、たまに箸休めに副々菜を。
必ずお椀は持って食べてください。(洋食はお皿を持ってはいけません)大切なことは、「いただきます」と言ってから箸をつけることです。これは「命」を頂くという意味です。
つまり人間は自然界に存在する他の生物の犠牲の上で、初めて生きられるということへの感謝の意味です。そこからは、農耕民族がゆえの独自の自然観、そして、その敬意が伝わってきます。 この米を主食に豆類、野菜類から成る日本の伝統食は、現代では玄米菜食を中心としたマクロビオテックへの源流です。